百貨店

8月 28th 2014 · Read More ·

先日、嫁さんと伊勢丹に行ったときのこと、ちょっとお世話になっている人がおり、その方へのお中元を買いに行きました。

dsc_0039.jpg

俺「どうする。ジュースとかにする?」

嫁「待ちなさいよ。こんなに商品があるんだからちゃんと見て決めようよ!」

しばし、嫁さんの商品選択を見守る。

嫁「ん~油もあると助かるし、洗剤だってきっと便利。でも、ないな~。」

嫁「あ~このお菓子、おいしそ~う。」

嫁「どうしよう、決められない。」

嫁「でもでも、やっぱりハムよ、ハム。」

嫁「コーヒーセットだ。最近のドリップちょーおいしいからね。」

嫁「季節のフルーツってもらうと気分が上がるよね。」

嫁「ね~どれ欲しい?」

俺「な~だんだん、自分の欲しい物になってない?」

嫁「えっ、あっ!」

俺「どうする、自分で選ぶ、それとも俺が選ぶ?」

嫁「・・・。」

どうやら、ショッピングの楽しさに目覚めたのか、選んでいるうちに楽しくなってしまったそうです。

その後、店員さんに見つからないように、俺の影へ影へと逃げる嫁でした。

お中元自体は、おいしそうなお菓子があったので、そのお菓子にしました。

買った後、地下に下りて、我が家の分を購入し、笑顔の嫁でした。

今でも、ちょっと「伊勢丹」というと赤くなります。

横浜中華街

5月 28th 2014 · Read More ·

連休中、どこかに行きたい風情の嫁とやり取り。

chinamap_01.jpg

嫁「ね~連休ってどうするの?」

俺「ん~何も考えてないや、どっか行きたい?」

嫁「人が多くないところがいい。」

俺「連休中だから、どこ行っても人は多いよ。」

嫁「え~人多いのイヤだ!」

俺「そこ、クリアーできないとどこもいけないよ。」

嫁「・・・」

俺「海外は、飛行機嫌いだから無理でしょ。」

嫁「なんか、美味しい物食べてゆっくりしたい。」

俺「車借りて、箱根とか那須とか軽井沢とか行く?」

嫁「え~渋滞はイヤだ!」

俺「わがままだな~、じゃあ、電車で行けておいしい物が食べれて、ゆっくりできるところなの?」

嫁「そうそう、そんなとこ。」

俺「じゃぁ~、横浜とかどう?」

嫁「え~横浜って何があるの?都会じゃん、人多いじゃん、新宿と何がちがうの?」

俺「横浜には、中華街があるからおいしい物が食べられるでしょ、山下公園とかあるから散歩するにはぴったりでしょ。ランドマークとかあるからお買い物もできるでしょ、電車で行くから渋滞はないでしょ。」

嫁「早く言ってよ、それでいいじゃん。」

俺「いや、今初めて言っているし、中華街とかぐらい知っているでしょ。」

嫁「ごめんね、知りません。無知な嫁ですよ。」

俺「いやいや、機嫌悪くなるとこじゃないでしょ。」

嫁「結婚してんだから、それくらいわかれよ!」

文句いっぱい言ってましたが、フカヒレを「コラーゲンコラーゲン」とおいしそうにぱくつく嫁でした。

バカ嫁

3月 20th 2014 · Read More ·

嫁が暇だからか、この前、こんな会話があった。

 

嫁「ねぇ、あなた、転職って難しい?」

 

俺「うーん、それは条件とかによって、難しいと言えば難しいよ」

 

嫁「そうなんだぁ~難しいかぁ~」

 

俺「なんで?」

 

嫁「なんでって?」

 

俺「なんで転職のことなんか聞くの?」

 

嫁「転職のことが分かれば、イザ転職するときに役に立つでしょうよ」

 

俺「でも俺は今の仕事が好きだから、うまくいってるし、転職するつもりはないよ」

 

嫁「ほぅ~自意識過剰ってやつね、あなたの転職じゃなくて、わたしの転職ですよ」

 

俺「は?お前、だって専業主婦でしょう、転職って筋違いよ」

 

嫁「何それ!?専業主婦だって、立派なお仕事よ。私がいなければ、あなたは毎日しわしわのシャツを着て、コンビニのお弁当しか食べれないでしょう。大体、毎日誰か洗濯して、家を掃除して、ご飯を作ってるって思ってるわけ!?家に帰って、すぐお風呂に入れて、ご飯が食べれて、方付けもしないのに、ソファでごろごろして、テレビが見られるのは誰のおかげですかぁ!?あぁ~マジむかついたっ!」

 

俺「ひゃ~ごめん、ごめん、そういう意味じゃなかったんだ。俺が悪かった。もちろん、主婦は立派なお仕事ですよ。偉大な奥様がいなければ、俺はどうなってるかわかりましぇんー」

 

嫁「ふん、分かればよし」

 

俺「でも、正直、本当に仕事がしたいの?」

 

嫁「うーん、分からないっ」

 

俺「は?」

 

嫁「だから、この前ネットで、たまたまね、ティーネットジャパンの転職情報を見て、面白そうだなって、エンジニアの仕事がかっこいいなって思ったもん。だから、エンジニアの仕事だったら、してもいいかなっと」

 

俺「エンジニアの仕事がしたいの?」

 

嫁「そうよ、かっこいいからエンジニアになりたいの」

 

俺「でも~」

 

嫁「でも~いまさらなれないでしょう!ハハハ、言ってみただけー」

 

何が「ハハハ」だよ。このバカ嫁!!

発音がいい

3月 18th 2014 · Read More ·

この前、晩ごはんの後で嫁との会話です。

 

嫁「最近はどうよ?」

 

俺「何か?」

 

嫁「なにって、仕事よ」

 

俺「仕事って?」

 

嫁「だから、仕事の方はどうよ?」

 

俺「あぁ~仕事はまぁまぁね」

 

嫁「まぁまぁって?」

 

俺「う~ん、まぁ、順調」

 

嫁「悩みとかはない?」

 

俺「ないよ。なんで?」

 

嫁「別に~」

 

俺「えぇ!?なんで?なんで?なんで急に俺の仕事に関心持ったの?」

 

嫁「だから、別になんでもないけど、悩みがあったら、相談してほしいだけ」

 

俺「ほっ、それだけ?」

 

嫁「だから、みほったら、毎日旦那に仕事の愚痴を聞かされて、うんざりって話をして、やはりサラリーマンの世界って大変だねって、何もできないけど、愚痴ぐらいを聞いてあげると、旦那も楽でしょうって話」

 

俺「ふ~ん、できる奥さんですね」

 

嫁「なにそれ!私はできない奥さんですか!だから聞いてるでしょう。仕事の悩みでも、どんな悩みでもあったら、私に言ってほしい」

 

俺「別に悩みはないよ、今の取引先との仕事は順調だし、何があってもチームで解決できるから、全然心配しなくていいよ」

 

嫁「今の取引先って、T-NET JAPANって会社?」

 

俺「おぉ~発音がいいね、ティーネットジャパンじゃなくて、T-NET JAPANね」

 

嫁「アハハ、そうでしょう、私は学生時代に英語の発音が良いって有名よ」

 

俺「すご~い、もっとなんか言ってよ」

 

嫁「うーん、ドゥーグ、ギャット、モンーキィー、どうよ、どうよ」

 

俺「すごい、すごい~」

 

嫁「じゃ、これはこれは・・・」

 

その夜、このやりとりはしばらくつづいていった~

携帯電話

3月 8th 2014 · Read More ·

会社で使っている携帯電話がスマホになった。

嫁「スマホだ、どう、いい?」

俺「どうって、昨日支給されたばかりだから、いいも悪いもないよ」

嫁「つまんないな、使いこなしてないの?」

俺「無理だよ、電話出るのも画面触んなきゃいけないでど、慣れなくて何回かこっちからかけなおす状態だよ」

嫁「えっ、電話に出れにの?なんで?」

俺「だって、受信したときに触るボタンがちょうどホームボタンの近くで、つい触っちゃうんだよ」

嫁「そーなんだ、でも便利なんでしょ」

俺「便利かも知れないけど、殆どメールと電話、乗換案内にスケジュール管理で使ってるか、俺は取引先のティーネットジャパンとかに行くとき、やっば道案内を一番使ってるな。今までの携帯でも十分なんだよね」

嫁「へ~何か以外、すごい便利になってると思ってた」

俺「スマホにどんなイメージしてたの?」

嫁「そりゃー、スマホのアプリだっけあれでなんでも操作したり、移動もスマホでスイスイ、3Dの人形が商品説明してあなたが横でニコニコみたいな、バーチャルとリアルの融合?」

俺「ね~それって、どっかの番組の受け売りでしょ」

嫁「そんな事ないよ、設楽さんはそんな事いってないもん」

俺「それって、朝の情報番組でしょ」

嫁「よく知ってるね、スマホで見てるの?」

俺「いや、今日は、建国記念日で、君の後ろのテレビで設楽さんが出ているよ」

話に夢中で回りが見えない嫁でした。